マッサージ

アイコン

このページは、当サイト運営者「ヘルスケア編集部」が、独自の編集方針に基づき調査・作成したものです。 サイト監修者である藤田 紘一郎先生が執筆された記事ではないため、内容に関する疑問や質問に関しては、下記ページのお問い合わせフォームからお願い致します。

>>運営者情報

腸内環境改善に効く
マッサージ

腸の働きは自律神経と関わりがあり、自律神経が乱れると腸の機能が弱まることがあります。

自律神経には2種類あり、交感神経はアクセスの働きをし、副交感神経はブレーキの役目をはたしています。

内臓の多くは、交感神経が優位になると活発に動きますが、腸は交感神経と副交感神経の両方が働く状態を好みます。交感神経が強すぎると、ぜん動運動(食べ物を押し出す力)が弱まってしまうからです。

腸をマッサージすると、交感神経と副交感神経の両方の働きが活発になり、ぜん動運動を促せるので、腸内環境を改善するのに非常に有効。特に便秘症の人は腸の動きが鈍くなっている為、刺激を与えて自然な動きを促すことで、腸の元気も戻ってきます。

腸内環境改善に役立つ
マッサージ

「の」の字マッサージ

お腹に手をあて、おへそを中心に「の」の字を描くようにお腹をさすります。立位でも良いですが、仰向けになり両膝を立てた状態で行うと寄り効果的です。腸に硬い部分がある場合は、そこに便が溜まっているので優しくもみほぐしましょう。

S字結腸マッサージ

S字結腸は、大腸と肛門をつなぐ部分です。S字なので便が詰まりやすく、マッサージで刺激を与えると便通がスムーズになります。左腹部に左手の指をあて、右手をそえたら、下腹部に向かってお腹を押していきます。溜まっている便を押し出すイメージで行ってください。硬い部分があったら、指でもみほぐしましょう。

ガス出しマッサージ

お腹が張るときは、このマッサージが有効です。仰向けに寝て、腰の下に薄めのクッションを敷きます。両膝を立てたらお腹の右下に手をあて、右上、左上、左下、下腹部中央の純に大きく「の」の字を描いてガスを移動させましょう。

マッサージを毎日するのは
難しい…そんな時は?

基本はお腹周りをさすって便を動かすイメージで刺激を与えるだけなので、難しく考えず日頃からぜひ取り入れてみてください。

腸の動きが活発になり、便秘も改善されるかもしれませんよ。毎日マッサージをするのが難しい人は、手軽に腸内環境を改善できるサプリメントを活用するのもおすすめです。大切なのは腸に良い習慣を毎日続けること。無理ない方法を見つけてくださいね。

【お悩み別】乳酸菌サプリメントで
「腸活」体験をしてみました