Aさん2か月後

アイコン

このページは、当サイト運営者「ヘルスケア編集部」が、独自の編集方針に基づき調査・作成したものです。 サイト監修者である藤田 紘一郎先生が執筆された記事ではないため、内容に関する疑問や質問に関しては、下記ページのお問い合わせフォームからお願い致します。

>>運営者情報

乳酸菌生成エキスの
腸活で花粉症対策!
Aさんの2カ月目

スギ花粉が日本列島を吹き荒れる3月からAさんの乳酸菌生成エキスでの花粉症対策がスタートしました。

すでに花粉症で悩まされているAさんの症状はどうなったでしょうか?

(※以下は個人の感想です。効果には個人差があります)

Aさん(30代女性)のプロフィール紹介

花粉症対策体験者Aさん

スギとヒノキ、両方の花粉症のAさん。
外出はもちろん、朝、目が覚めた瞬間にモーニングアタックを食らうほどの症状が重い。

処方薬のビラノア(抗ヒスタミン薬)にくわえ、点鼻薬、点眼薬など、日々の花粉症対策の薬がかかせない。

乳酸菌生成エキスで
花粉症対策!体験レポート

ヒノキ花粉が始まった4月…
乳酸菌生成エキスで花粉症対策 4/1~4/8

花粉情報(東京)

4/1~4/3 非常に多い
4/4~4/8 多い

服用した薬&通院

4/1~4/8 内服薬ビラノア:1錠、点鼻薬エリザス、点眼薬パタノール、ロート抗菌目薬
4/7 通院

ポカポカ陽気から感じるヒノキの気配…。モーニングアタックはもちろん、涙と鼻水、午前中は頭痛がして、午後になると落ち着く毎日です。

5日にヒノキ花粉が前年度の400倍というめまいがするニュースを聞き、もうこの症状は仕方がないのかな…と、やや諦めモード。

それでも、スギがもうお休みモードなのか、400倍というほどの症状は感じておりません。

ヒノキ花粉への対策は?
乳酸菌生成エキスで花粉症対策 4/9~4/16

花粉情報(東京)

4/9~4/12 非常に多い
4/13 多い
4/14 非常に多い
4/15~4/16 やや多い

服用した薬&通院

4/9~4/16 内服薬ビラノア:1錠、点鼻薬エリザス、点眼薬パタノール、ロート抗菌目薬
通院:なし。

この年のヒノキ花粉は平均して約40倍という、またしてもめまいが止まらなくなるニュースが。

とはいえ、このあたりから頭痛はあまり感じず、例年と同じかそれより少ないくらいの影響です。ただし、毎年のごとく頭はボーっとしています。でも許容範囲です。

風邪と花粉症のWパンチ!
乳酸菌生成エキスで花粉症対策 4/17~4/24

花粉情報(東京)

4/17~4/24 少ない

服用した薬&通院

4/17~4/20 内服薬ビラノア:1錠、点鼻薬エリザス、点眼薬パタノール、市販の風邪薬
4/21~4/24 内服薬ビラノア:1錠、点鼻薬エリザス、点眼薬パタノール、抗生物質と喉の薬(処方薬)を服用。
4/21 通院

ここのところの寒暖差の激しさから、風邪を引いてしまった模様。まったく声が出なくなってしまいました。容体が悪く20~21日に乳酸菌生成エキスを飲み忘れ…(汗)。

21日には風邪で病院に行ったのですが、扁桃腺ではなく声帯が腫れているとのこと。抗生物質と喉の薬を処方されたので、次の日には喉は問題なくなりました。

風邪で体調は悪いのですが、花粉症のほうはこの時期とすれば、むしろ調子が良いほうでしょうか…。

旅行中ではどうなる?
乳酸菌生成エキスで花粉症対策 4/25~4/30

花粉情報(東京)

4/25~4/30 少ない

服用した薬&通院

4/25~4/27 内服薬ビラノア:1錠、点鼻薬エリザス、点眼薬パタノール、抗生物質と喉の薬(処方薬)を服用。
4/28~4/30 内服薬ビラノア:1錠、点鼻薬エリザス、点眼薬パタノール
通院:なし

26日、明日からの旅行に備え、この間飲み忘れてしまって余っている乳酸菌生成エキスを普段より1包余分に飲みました。

静岡旅行で山の中だったからか、お茶をたくさん飲んでいたからなのか分かりませんが、28日まではまぁまぁ快適に過ごせました。

ところが、29日に口まわりが突然荒れ、クシャミ鼻水はないものの、目の周りにかゆさを覚えて、その日はノーメイクに。

30日には東京に戻ってきましたが、心配していたような花粉の症状はなく…スギは完全に終わったように感じます。残るはヒノキのみ。いつも梅雨前まで症状が出るため、まだまだ心配が続きます。

他の悩みを持つ人の
乳酸菌サプリ体験談を見てみる